バドミントン基礎打ちの注意点!試合で勝てる練習法を公開!!

バドミントンの試合で体が動かないと思った通りの力が発揮出来ません。
それを防ぐ為に試合が始まるまでに基本的には
基礎打ちの時間が用意されています。
この基礎打ちの時に気をつけたい点や
普段の基礎打ちで注意すべき点をまとめました!

  

皆さん、こんにちはー!!

 

アイバド管理人のぶぅです^^

 

バドミントンの基礎打ちって軽視しがちな人が多いのですが

 

実はかなり重要となる練習だということを知っていますか??

 

私は昔、試合を想定して基礎打ちをやっているつもりでした!!

 

その姿を見た先輩から、私の間違った考え方を指摘され

 

そこからバドミントンが飛躍的に上達したので

 

この情報を皆さんにもシェアしていきたいと思います。

 

 

基礎打ち

 

基礎打ちは体を温めながら様々なショットの練習が出来るようになっているのですが

 

基礎打ちが全て試合に直結していると認識している人は少ないです。

 

試合を仮定して基礎打ちが出来ている人はかなり少ないということは

 

これをしっかり意識するだけでも大幅にライバルと差を作る事が可能となります。

 

これは、実際にあった過去の出来事なのですが

 

私は、いつも通り試合のつもりで基礎打ちをやっていました。

 

体をつかって全身でしっかり飛ばすように打てて自己満足していたのですが

 

先輩から

 

「試合でその立ち位置で居る事あるか?」

 

と聞かれました。

 

自分の足元を見るとバックライン

 

そうです。

 

バックラインの上で相手が打つのを待って、飛んできたら体の使い方を意識しながらハイクリアーを打っていました。

 

体をしっかり使って練習している事で実際の試合を意識した練習が出来ていると勘違いしてしまっていたのです。

 

バックライン上に棒立ちの状態でクリアーを待っていたら試合で相手はクリアーなんて打ってくれませんよね。

 

そんな位置に立っていたらカットやドロップに追いつかないので

 

本当の試合であればちゃんと元の位置に戻ります。

 

本当に試合を仮定した練習をするのであれば

 

ハイクリアーを打った後は、スマッシュ・カット・ドロップ・ドリブンクリアーなど

 

どの球でも対応出来るように警戒しないといけないです。

 

実際の試合では体勢万全の状態で打てる事ばかりではないので

 

普段の基礎打ちの時から、体勢が万全でない状態でも最高のショットが出来るようにしないといけないと気づきました。

それに加えて、基礎打ちではミスっても良いと軽く考えてしまっていたのを

 

常にミスを減らすという意識で基礎打ちするようになると

 

実際の試合でどうしてもミスってはいけない場面が来ても

 

いつもの基礎打ちと同じ心持ちで普段通りの球が打てました。

 

常に緊張感を持った練習をする事は凄く難しいです。

 

ですが、それが出来るようになるとバドミントンの成長速度は何倍も飛躍します。

 

試合のマッチポイントなど緊張するような場面でも

 

普段から緊張感を持てている人はいつも通りの精神状態でプレイ出来るので

 

実際の試合で後悔しないような基礎打ちの練習をしていきましょうね^^
スマッシュを早く打ちたい方はこちら

スポンサーリンク



コメントを残す