バドミントンのフットワークが遅い原因と解決法!

バドミントンのフットワークで悩んでいる人は多いです。
あと一歩早ければ追いつくのに。
あと一歩だけ早く動けるようになりたい。
バドミントンプレイヤーならば感じた事がある課題ではないでしょうか?
今回はフットワークが遅い原因と解決法を記事にしたいと思います!

  

皆さん、こんにちはー!!

 

 

アイバド管理人のぶぅです^^

 

 

「あと一歩早くシャトルに追いつきたい」

 

 

この悩みを抱えているプレイヤーは数え切れないくらいたくさんいます!!

 

 

フットワークの練習はしているのに追いつくのが早くならない。

 

 

今回は、こんな悩みを抱えているプレイヤーに向けて私の考えをお伝えしたいと思います!!

 

 

フットワークが速い人

 

 

フットワークが遅い原因を知る為には

 

 

まず、シャトルに追いつくのが速い人を知る事がかなり重要です!!

 

では、質問です。

 

 

①あなたの周りには太っているのにシャトルに追いつくのが速い人

 

②自分よりも筋力が無さそうに見えるのにシャトルが追いつくのが速い人

 

 

このような人はいませんか??

 

 

普通に考えれば、太っている人や自分よりも筋力に恵まれていない人は

 

 

自分よりもフットワークが遅いはずですよね。

 

 

それでも現実問題として自分よりもシャトルに追いつくのが速い。

 

 

では、自分達とは何が違うのでしょうか??

 

 

それは「読み・予測」です。

 

 

バドミントンは次に飛んでくる場所がある程度、予測出来ます。

 

 

実際に例を挙げてみましょう!!

 

 

 

 

あなたが画像の位置からダブルスコート(相手のフォア側)に向けてスマッシュを打つとします。

 

 

その時に相手の返球パターンはこのようになります。

 

 

 

 

①は切り返しと言ってスマッシュを逆側の端に打たれる展開です。

 

 

これは味方の前衛が止めてくれるパターンもあると思うのですが

 

 

止められない時はスマッシュを打った後衛が拾う展開です。

 

 

これはしっかりと意識していないと、かなりキツイ返球です。

 

 

②はドライブで返される展開です。

 

 

自分の前なので、少し警戒しているだけで拾える球です。

 

 

③は味方の前衛が警戒してくれているので、そこまで強い警戒はしなくて良いでしょう!

 

 

④は味方の前衛が一番警戒していな所で、相手が裏をかいて打ってくる可能性がある場所ですがここも味方の前衛に任せましょう!!!

 

 

こうやって見るとどうですか??

 

 

相手が返す球で警戒すべきは①、②だけです!!

 

 

これ以外にも返球パターンとして相手が高く上げて返してくる球はありますが

 

 

そこまで厳しい球はあまり来ないです。

そうなると、スマッシュを打った後に警戒するのは基本的には上記の①と②だけ。

 

 

返ってくる場所が分かっているので

 

 

そこに来た時に最速で追いつけるように準備をしておくだけです。

 

 

次に飛んでくる場所を予想する

 

 

これがバドミントン業界でよく言われる「読み」なのですが

 

 

これが返球に追いつくスピードに大きな差を生むのです^^

 

 

皆さんがフットワークのスピードの差だと感じているのは

 

 

実は「フットワーク」ではなく「読み」の差だったりするのです♪♪

 

 

ですので、フットワークに自信が無いという人は

 

 

「どこに打てば相手はどこに返すのか」という部分を中心に

 

 

返球のパターンを勉強してみてはいかがでしょうか??

 

 

バドミントンの試合で追いつくのが早い人は

 

 

「相手が打ってからいかに早く動くか」ではなく

 

 

「相手にどこに打たせるか」という部分に重点を置いているから追いつくのが早いのです。

 

 

もちろん普段のフットワークを鍛える事は重要ですが

 

 

「読みを磨く」というのもフットワークと同じくらい重要なので意識しましょう♪

スポンサーリンク



コメントを残す