バドミントン前衛が苦手?上達方法は役割・コツを理解する事!!

バドミントンの試合をしていると前衛で何をやるべきか分からなくて
無理な球に手を出してミスをしてしまったり
プッシュをネットにかけてしまったりして失点するパターンが多いです。
バドミントンの前衛が苦手で上達のコツを知りたいという人が多いので
今回はバドミントンの前衛について記事を書いていきます。

  

皆さん、こんばんはー!!

 

 

アイバド管理人のぶぅです^^

 

 

バドミントンのダブルスで前衛が上手な人って凄くカッコイイですよね。

 

 

試合を優位に進める為にも前衛の仕事はかなり重要となります。

 

 

前衛が苦手な人は全部の球を中途半端に触ろうとして失点してしまうケースが多く

 

 

その失点パターンは非常にもったいないので

 

 

少しでも参考になればと思い、前衛上達のコツについて書いていきます。

 

 

 

 

強打だけが前衛ではない

 

 

前衛の仕事は一撃で決める事だと勘違いしてしまっている選手が多いのですが

 

 

前衛は甘めの球を全てプッシュして一撃で決める事だけが仕事ではありません。

 

 

甘い球が来たらプッシュという選択肢を選ぶ事は悪い選択ではありません。

 

 

ですが、相手もプッシュを警戒して体勢を低くして後ろで構えているので

 

 

プッシュではなくネットに置きにいく球がかなり有効になります。

 

 

ネットに置きにいくとプッシュよりも拾われる可能性は上がりますが、それで良いのです。

 

 

相手の体勢を崩す

甘い球を上げさせる

 

 

プッシュを警戒している相手に対し、ネットにおくことで、この2つの仕事が出来ます。

 

 

相手の体勢を崩し甘い球を上げさせると後衛のスマッシュが格段に決まりやすくなります!!

 

 

これだけでも有効なのですが、実はネットにおくメリットはもう1つあります。

 

 

相手に対して「ネットにおく可能性がある選手」というイメージを与える事で

 

 

次から相手はプッシュだけでなくネットも警戒しなければなりません。

 

 

そうなった時、プッシュを打った時の決定力がグンと上がります。

 

 

実際に相手にするならガンガン強打する選手よりも上手くネットにおくという選択肢を持つ選手の方が

 

 

一撃では決まりにくくても点数はしっかりと積み重ねる事が出来るのです。

 

 

捨てるという選択

 

 

私が考える前衛に必要な能力は「捨てる」という選択を取る事です。

 

 

全ての球を反応して触ろうとしている人がいるのですが、それは超上級者でないと無理です。

 

 

無理な球は無理!!

 

 

変に触ろうとするくらいなら、自分の仕事でない球は捨てて触らないというのも重要です。

 

 

前衛のやるべき仕事内容は

 

 

甘い球の処理

前に落とされる球を出来るだけ攻撃権を渡さないように処理

切り返しの警戒

 

 

前衛のやるべき仕事内容は上の3つです。

 

 

次に前衛の役割は「選択肢を潰す事」です。

 

 

全ての球に触るのではなく存在感を示し相手が打てるコースを限定させます。

 

 

味方が体勢を崩しながら無理にでもスマッシュを打とうとしているのであれば

 

 

「切り返し」による致命打を受けないように、いつもより少し後ろめで切り返しを警戒。

 

 

これで相手は安易に切り返しを打ちにくくなります。

 

 

その代わりポジションが少し後ろになっているので前に落とされる可能性は上がるのですが

 

 

うまく前に落とされた場合は攻撃権が相手に渡ってしまいますが

 

 

しっかりと奥までシャトルをあげればオッケーです。

 

 

致命打を避けて、相手に楽をさせる選択肢を潰しラリーを続かせ

 

 

どういう配球をすれば後衛を活かす事が出来るのか考える事が前衛上達に必須なスキルとなります。

 

 

最初から全てが出来るわけではないので一気に全部やろうとする必要はありません。

 

 

前衛は慣れの要素もかなり強いので

 

 

慣れてくると相手が打つコースがある程度読めるようになるので慣れるまでは

 

 

相手に甘く上げさせる

ラリーを簡単なミスで終わらせない

 

 

まずはこの基礎的な仕事を出来るだけミスなくこなせるようになりましょう!!

 

 

前衛でカッコ良く一撃で決めたいという気持ちを捨てて

 

 

点数を取るために、あえて一撃を狙わないという選択が出来る前衛は

 

 

凄く理想的だと私は考えます!!!

試合で勝つ為の基礎打ち記事はこちら

スポンサーリンク



コメントを残す