バドミントンの食事でオススメは?注意点・身体を作る為に必要な事!!

バドミントンをする上で軽視されがちですが食事による身体作りは重要です。
技術面やメンタル面を鍛える事も重要ですが
それだけではバドミントンに適した身体にはなりません。
今回は食事による身体作りについて記事を書いていきたいと思います。

 

皆さん、こんにちはー!!

 

 

アイバド管理人のぶぅです^^

 

 

バドミントンの練習で色々なショットや戦術の勉強をする人は多いです。

 

 

実際にこの勉強はかなり重要なのですが、成長期の人達にとっては食事もかなり重要です。

 

 

スポーツは心・技・体が揃って初めて最高のパフォーマンスを発揮出来るものなので

 

 

今回は「体」の部分の身体作りの中でも食事に焦点を絞って見ていきましょう!!!

 

 

 

 

タンパク質の摂取

 

 

バドミントンに適した身体を作る為には、どのような食事が必要なのかという点。

 

 

試合が近くなった時の食事については以前、記事に記載したので試合前の食事が気になる方は関連記事を参考にして下さい。

 

 

関連記事⇒バドミントンの試合前に食べるべき食事

 

 

今回は普段の日常生活に焦点を当てます。

 

 

女性はあまり筋肉を付けたくないという人も多いのですが、バドミントンをする為には筋肉量の増加は必要です。

 

 

ですので、タンパク質の摂取がかなり重要となります。

 

 

そもそもタンパク質の役割を知らない人も多いのでザックリ解説すると

 

 

タンパク質が体の中にある時に運動をする事によってタンパク質を取り込んで筋肉へと変える同化作用が起こるようになります。

 

 

タンパク質が足りないと同化作用が起こりにくくなるので筋肉へと変える事が困難になるのです。

 

  

タンパク質の摂取の重要性は伝わったかと思うので次はタンパク質摂取の際の注意点。

 

 

実はタンパク質は一度に過剰摂取してしまうと効果が得られません

 

 

人間の体は一度に30g程度しかタンパク質を吸収出来ないと言われており、過剰に摂取したからといって筋肉量を大幅に上昇させられるわけではないのです。

 

 

筋肉の増加にタンパク質は必須なのですが、適量を摂取するように心がけましょう。

 

 

人によっては1度に摂取する量を減らして1日4回に分ける事を推奨する人もいるので、そこは自分の考え方と相談して決めるのをオススメします。

 

 

朝・昼・夜とバランス良くタンパク質を適量に摂取出来るようにしましょうね。

 

 

私は比較的、筋肉が付きやすい体質なので、学生時代はタンパク質の摂取は過剰に行わないように気をつけていたのですが

 

 

スポーツ選手の1日の摂取量の目安として(2g×体重)

 

 

このくらいのタンパク質は摂取するようにするとベストみたいですよ!!

 

 

食事の注意点

 

 

食事をする上で凄く大切な事は3食をしっかりと食べることです!!

 

 

私は社会人になってから時間がないという理由から朝食を抜いたりする日が増えてしまったのですが

 

 

学生の人にはしっかりと朝食・昼食・晩ご飯を食べて欲しいです!!

 

 

朝食も軽くパンとかで済ませるのではなく、しっかりと栄養バランスを考え摂取しましょう。

 

 

社会人になってからの身体作りと学生時代の身体作りは効果が大幅に違うので

 

 

学生の人達にこそ、食事というものに向き合って欲しいと思います。

 

 

ここでしっかりとした身体作りの貯金を作っておくと、技術などは後からでも付けられます。

 

 

試合の戦略なども年齢を重ねるごとに経験値も上がるので、学生時代は身体作りにも重点を置いて欲しいです。

 

 

カロリーの摂取量として目安と言われているのが男性1500kcal、女性1200kalですが

 

 

スポーツ選手は1日+300700kcalくらい摂取を心がけましょう!!

 

 

思春期の女性も多いと思うので太りたくないという気持ちも分かるのですが

 

 

眠る寸前に晩ご飯を食べたりしなければ、普段しっかりと運動しているので太りにくいです。

 

 

お菓子を食べたくなる気持ちは分かりますが、それは我慢しましょうね!!

 

 

栄養バランスを考えた食事などを記事にするとい凄く長くなってしまうので

 

 

今回は食事の触りの部分のみに焦点を当てました。

 

 

今回の内容をまとめておくと

 

 

・朝・昼・晩にしっかりとタンパク質を摂取する

・一度にタンパク質の過剰摂取はオススメしない

・1日男性2000kcal、女性1700kcalくらいの食事をしよう

 

 

関連記事⇒試合で勝つための基礎打ちとは?

 

 

今回は学生に向けた視点で記事を書いたので、社会人になった人に向けても食事について書いていきたいと思うので、そちらもご覧下さい^^

スポンサーリンク



コメントを残す