バドミントンの試合でスマッシュを打ってくれない相手への対策!

バドミントンの試合において必ずしもスマッシュが有効打になるとは限りません。
せっかく自分はレシーブを鍛えてレシーブ力に自信があるのに
相手がスマッシュを打ってくれないという事も珍しくありません。
そういう試合展開の時のオススメ対策を記載していきます。

  

皆さん、こんにちはー!!

 

 

アイバド管理人のぶぅです^^

 

 

バドミントンをする人達は、それぞれ自分が得意な球や苦手な球というものがあります。

 

 

スマッシュが得意な人もいればレシーブが得意な人も。後衛が得意な人もいれば前衛が得意な人もいます。

 

 

「スマッシュさえ打ってくれれば点数が取れるのにビビって全然打ってこない」と怒っているおじさんが試合会場で見ました。

 

 

今回はその原因や対策方法について記載していきたいと思います!!!

 

 

関連記事⇒試合で勝つメンタル強化方法

 

 

 

 

スマッシュが来ない原因

 

 

今回のケースでスマッシュが打たれず怒っていたおじさんですが、見るからにポジション取りが後ろだったので

 

 

私が対戦相手だったとしてもドロップを頻繁に活用します。

 

 

スマッシュレシーブへの意識が強い選手だったのでドロップやドリブンクリアーがかなり効いていました!!

 

 

そうなると、わざわざスマッシュなんて打たないですよね。

 

 

バドミントンの試合では皆、勝つ為に試合を組み立てているので自分が得意な展開に持ち込みたければ、自分で試合を組み立てる必要があります。

 

 

例えばレシーブ力に自信が無いという選手であれば

 

 

自分の方にスマッシュを打ちにくいように相方の方の奥へとクリアーを上げたりスマッシュを奥まで返せないのであれば、相手のスマッシュをネットに落としたりドライブで返して前に入ってしまえば良いのです。

 

 

今回のおじさんであれば、対策の例を挙げるのであればクリアーやドロップしか打ってこない相手だと分かったら

 

 

相手が1回でもスマッシュを打つまでは、その2つの球だけ警戒しておけば良いのです。

 

 

ドロップを打ってきたらプッシュ。クリアーを打ってきたらスマッシュ。

 

 

こんな風に相手が嫌がる展開を作ると、相手は必然的に攻め方を変えねばならなくなります。

 

 

試合で自分の思い通りの球が来ないというのは自分の責任です。

 

 

ドロップが苦手だとバレたり、クリアーが苦手だとバレてるから打たれるのです。

 

 

試合を勝つ為には、自分のポジション取りも柔軟に変化させていく必要があるのです^^

 

 

スマッシュより早いレシーブ

 

 

今回のケースとは逆になってしまうのですが私の実例を挙げると

 

 

私も元実業団の選手と試合した時に自分のスマッシュよりも早く鋭いレシーブに笑ってしまった経験があります。

 

 

こういう人が相手となると、いつも通りスマッシュを打っていくだけではダメになります。

 

 

いかに相手の体勢を崩して自分のスマッシュでも決められる状況を作るかが必要となり

 

 

スマッシュを打つと決めた球でもスイングをコンパクトにして切り返しへの対応が出来るようにすぐに動き出したり

 

 

普段のプレイスタイルとは変わったとしても勝つ為に柔軟に変化させて試合をしました。

 

 

その試合は負けだったのですが、普通にスマッシュを打っても決まらなかったのが体勢を崩せば決めることが出来る展開が結構あったので

 

 

自分の得意な球を活かす戦い方をしっかりと考えて試合を組み立てる重要性を再確認しました^^

 

 

試合で得点を決める為には自分で色々と仕掛けていきましょうね!!

 

 

関連記事⇒身体を作るオススメの食事

 

スポンサーリンク



コメントを残す