バドミントン前衛の上達法は駆け引き!やり方と考え方!

バドミントンの前衛は数秒の時間で相手や味方のポジションを瞬時に把握して
高等な駆け引きが必要とされるので凄く面白いですよね!!
今回は中級者の方に向けてバドミントンの前衛の上達法や駆け引きについて記事を書いていきたいと思います。

 

皆さん、こんにちは!!

 

 

アイバド管理人のぶぅです^^

 

 

バドミントンの醍醐味と言えば「スマッシュ」と答える人も多いと思うのですが

 

 

私が思うバドミントンの醍醐味は「前衛の駆け引き」です!!

 

 

 

 

もちろんスマッシュがドカンと決まるのも気持ちよいのですが

 

 

それよりも前衛が駆け引きによって相手が狙えるコースを潰しいきプッシュなどで決めるのって凄くカッコよくないですか?

 

 

無言のラリーの中でライアーゲームのような駆け引きがある前衛って凄く奥が深くて面白いと感じるので

 

 

今回は前衛の駆け引きなどについて深堀りしていきます(*´ω`*)

 

 

前衛の駆け引きとは

 

 

まず、前衛が苦手という人は「来た球を返す」という意識をしている人が多いです!

 

 

ですが、前衛を得意とする人は、駆け引きをしている人が多いです。

 

 

「駆け引きって何よ?」という人もいると思うので解説しておくと

 

 

味方が後ろからスマッシュを打っている時に

 

 

前衛で駆け引きをする人は

 

 

・味方のポジション

・相手のポジション

・味方はどこに打つのか

・相手の構え

 

 

などを総合的に判断して、返球はどこにくるのかを予測します!!

 

 

そして、そこに飛んで来たら自分たちが優位に立てるようにポジション取りをして

 

 

相手が返すはずだったコースを潰していく立ち回りをしていたりします。

 

 

よく前衛が上手い人の試合を見ていると

 

 

「うわ、前衛そこおったんかよ!」っていう相手の声が聞こえてきそうな展開を見ませんか?

 

 

それは、前衛が駆け引きでそのコースに打たせていたりするんですよね!!

 

 

これが出来る人と出来ない人では

 

 

前衛に入られた時の威圧感が全然違います。

 

 

前衛のスペシャリストと対戦したりすると

 

 

「ヤバい。どこ打ってもダメや。打ち返すコース無い!」という現象に陥ったりするんですよね。

 

 

皆さんは経験ないですか?

 

 

私は、こうなってしまって、とりあえずロビングで逃げるしかないという現象に何回も陥って記憶があります。笑

 

 

駆け引きの上達法

 

 

前衛の駆け引きを上達する為に重要な事は

 

 

状況を冷静に見る意識」だと私は思っています。

 

 

例えば、味方の後衛が苦しい態勢から無理をしてスマッシュを打つ時は

 

 

普段よりもポジション取りを少しだけ後ろに下がっておいて

 

 

次の球のカバーしてあげられる準備をする事で

 

 

相手からの切り替えしなどの返球にも対応出来たりします!!

 

 

逆に味方が万全の態勢で打てる時は

 

 

少しリスクを負って勝負に出るポジションを取ることによって

 

 

仮に逆を突かれたとしても後衛は態勢が悪くないのでカバーしてもらえたりするので

 

 

意外と前衛の立ち回り方というのが重要となる場面は多いのです(*^^*)

 

 

前衛が得意な人は、こういう事を感覚的にやっている人も多いので

 

 

前衛が苦手だという人は、こういう駆け引きをするという意識を持ってプレイをするだけで大きく成長します。

 

 

ちなみに、前衛のポジション取りはミスをする事は多いので

 

 

「あっ、逆を突かれたから俺は前衛のセンス無いし無難なポジション取りをしよう」というような思考にはならないで欲しいです!!

 

 

最初のうちはかなりミスをするし罪悪感はあると思いますが

 

 

逆を突かれるという事は相手に対して

 

 

ここに来たら決めてやるからな!」とプレッシャーを与えられているので安心して下さい(*´ω`*)

 

 

たくさん失敗して、たくさん経験していく事で前衛が苦手な皆さんも一緒に成長していきましょうね!!

コメントを残す