バドミントン基礎打ちは上手いのに実践で生かせない人の特徴と改善策!

バドミントンの基礎打ちは上手なのに
実践では上手く活かせてない人っていますよね。
実際の試合で使えない技術を磨いていくのって凄く勿体ないので
今回は、基礎打ちが上手いのに実践で活かせない人の改善法を記事にします。

 

皆さん、こんにちは!!

 

 

アイバド管理人のぶぅです^^

 

 

今回のテーマは「基礎打ち」と「実践」についてで

 

 

基礎打ちだけ上手いのに実践で活かす事が出来ないという人に向けて

 

 

少しでも参考になる情報があればと思い、記事を書いていきたいと思います。

 

 

 

 

基礎打ちだけ上手い人の共通点

 

 

今回の記事は、あくまで個人的な感想に近くなるので

 

 

必ずしも全員に当てはまるというものではないという点だけご理解下さい。

 

 

さてさて、基礎打ちだけ上手い人って皆さんの周りにはいますか??

 

 

基礎打ちとは試合で必要とされる基礎的なショットの練習なので

 

 

基礎打ちが上手いというのは本来、かなり良い事なのですが

 

 

それを実践で活かせていない人には、このような特徴があったりします。

 

 

返ってくる場所が決まっているから事前にその球への準備のみ

 

 

実際の試合って、どこに返ってくるのか分からないし

 

 

万全の体勢で打てる瞬間ばかりではありません。

 

 

ですが、基礎打ちというのは、基本的に返ってくる場所が同じということもあって

 

 

そこにしか来ないという前提で練習をしている人は実践で活きにくいです。

 

 

この原因というのは、いつも同じ相手と基礎打ちをしている人に多く見られる現象で

 

 

相手が優しい人になればなるほど、返しやすい位置に球を出してくれるので

 

 

得意なコースに来た球を楽に打っているだけの基礎打ちになってしまいます。

 

 

この解決策としては、色々な人と基礎打ちをする事や

 

 

繋げるだけの基礎打ちをしてくれる人でなく

 

 

実践に近い球を出してくれるパートナーを探す事で実践でも使える技術が身に付きます!!

 

 

あとは、基礎打ちで使える弾の数を事前に決めておく事もかなり重要だと思っていて

 

 

例えば、基礎打ちでカットの練習をするのであれば

 

 

シャトル3個以上は使わない!」というように制限を設けます。

 

 

実際の試合では1回のミスでもラリーは終了してしまうので

 

 

「あー。失敗した!次の球を出してー!」という考え方で練習する人は実践でもミスを連発します。

 

 

なので、事前に絶対にミスをしないという意識を持って基礎打ちをする事で

 

 

より実践に近い「濃い基礎打ち」へと進化するのではないでしょうか!!!

 

 

バドミントンというスポーツは少しの意識や環境の変化で爆発的な成長を遂げる事があります。

 

 

この私の考え方で、実践に活かせる基礎打ちを出来る人が増えると嬉しいなって思います。

 

関連記事⇒試合で勝つ為のメンタル強化方法!!

コメントを残す