バドミントンは必殺技の使い方とタイミングが重要!

バドミントンの試合では色々な技が飛び交ったりするのですが
自分の技の使い方を間違ってしまって
効果的に必殺技を使えていない人が多いです。
今回は必殺技の使い方について記事を書いていきます♪♪

 

皆さん、こんにちは!!

 

 

アイバド管理人の、ぶぅです^^

 

 

今日は私の過去の経験から学んだ事をシェアしていく内容になります。

 

 

この記事を読んでくれている皆さんはバドミントンをされている方だと思いますが

 

 

皆さんは必殺技は持っていますか?

 

 

必殺技と書くと一撃で必ず決めないとダメみたいなニュアンスになってしまうのですが

 

 

そういうものではなく、必ずと言っていいほど自分が優位にラリーを運べ、そのラリーから得点に結びつけられるショットの事を私は必殺技と認識しています。

 

 

リバースカット

ラケットの面をギリギリで変えて逆のコースに打つ

強烈な切り返し

強打のふりをしてドロップ

あえてボディーを狙った高めのスマッシュ

コルクが上を向くネット

 

 

などなど、人によって色々な必殺技ってありますよね?

 

 

こういうショットをたくさん持っている人は色々なタイミングで使い分けられるとは思うのですが

 

 

私は自分の必殺技が2種類くらいしか無いので使い方というのはかなり考えます!

 

 

今は必殺技を使う時は必ず自分達の得点に出来るように使っているのですが

 

 

昔は必殺技を連発していた時期があり、それを注意されてから考え方が変わったので

 

 

今回は必殺技の使い所にスポットを当てて記事を書いていきます♪♪

 

 

バドミントンで必殺技を連発

 

 

私が必殺技を連発していた時は、「必殺技」というよりも「得意ショット」だと自分の中で認識をしてそのショットを連発していました!!

 

 

実際に最初の方はラリーが優位に運べるようになったりしていたのですが

 

 

自分の得意ショットを連発していると敵に学習されてしまい

 

 

逆に先回りをして必殺技を潰される事が多くなっていました。

 

 

自分の得意ショットが潰された時のダメージは意外と大きく

 

 

あれ?何を打ってもダメかもしれない」と心の中で弱気な気持ちが生まれたりしていたのが事実です。

 

 

そこで必殺技をもっと磨かないといけないと思い練習をしていたら

 

 

お前は技を磨くよりも技の使い方を勉強した方がいいぞ」と言われ

 

 

その日から自分の技を使うタイミングという事を考えるようになりました。

 

関連記事⇒試合の1試合目の入り方のコツ

 

必殺技の役割

 

必殺技を使うタイミングについて考えていた時に、まず根本的に考え方が間違っていた事に気づきました。

 

 

私は「その1点を取れればオッケー」と思って使っていたのですが

 

 

実際には、その1点を取った後も重要であると知りました。

 

 

必殺技を頻繁に使うわけではなく、狙いを絞って使う事で相手のリズムを崩し

 

 

「あんな技があったのか。また必殺技が来るかもしれない」と思わせる事により相手にかかるプレッシャーは大きくなります。

 

 

しかも、必殺技が頻繁に来ないと、そのショットに慣れる事が難しく対応するのが難しいです。

 

 

点数が均衡した状態で終盤戦にさしかかると

 

 

「そろそろ来るかもしれない」と警戒をするので

 

 

途中で使った必殺技の印象を相手の頭に植え付ける事により勝手に色々と考えさせる事が出来るので

 

 

人間は色々と考えてプレイをするとイージーミスを引き起こす原因となります。

 

 

このように必殺技の使い方を知るだけで、試合は大きく優位に動かせます!!

 

 

なので、必殺技を使う際は

 

 

この1本だけは絶対に集中をしてミスショットをしない」と意識して下さい。

 

 

必殺技を連打する人は無意識の内に「ミスをしてもいいや」って気持ちで打ったりしているからミスをしたりすると思うのですが

 

 

この必殺技を決める事がどれだけ重い1点になるのかという事を考えて試合を出来る人は集中する1点となるのでミスの数も減るし

 

 

これを意識出来る人は絶対にライバルよりも成長すると私は考えています!!!

 

 

技術面というよりはメンタル面に近い記事になってしまったのですが

 

 

私はこの考え方を知ってから自分の試合運びが大きく変わったので

 

 

もし1人でも参考になる人が居てくれると嬉しいかなって思います(*´ω`*)

 

関連記事⇒実は超重要な試合中の「間」の取り方

コメントを残す